入れ歯・義歯は高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックへ/入れ歯治療・金属の留め具がない入れ歯治療対応の高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック

  • 高松市 歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック
  • 院長・歯科医師紹介
  • コンセプト・治療の流れ
  • 診療科目案内
  • クリニック紹介
  • アクセス
入れ歯・義歯
れ歯・義歯について
患者様に最も適した入れ歯(義歯)をご提案させて頂きます。入れ歯・義歯について毎日の食事はおいしく、快適に味わい深いものにしたいものです。
また、自然な口元をつくり、お話しするにも入れ歯(義歯)は大切です。
入れ歯(義歯)を意識せずに食事や会話ができれば気持ちも明るく自信も生まれてきます。

今お口に入れられている入れ歯に、外れやすい、話しづらい、バネが目立つ、しっかり噛めない、食事が美味しくない等のご不満がございませんか?

高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックでは、患者様にきちんと適合した入れ歯を提供することによって、快適で充実した生活を送って頂きたいと考えています。

入れ歯(義歯)の作製の際には、残っている歯の治療が必要になることがよくあります。
また、現在ご使用中の入れ歯(義歯)の問題点を把握するためにも、ご使用中の入れ歯を持ってご来院頂きますようお願い致します。

入れ歯・義歯でお困り・お悩みの方は、是非、高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックにご来院下さい。


入れ歯・義歯は高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックへ/入れ歯治療・金属の留め具がない入れ歯対応の高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック


分入れ歯と総入れ歯について
  • 部分入れ歯(部分義歯)
    部分入れ歯(部分義歯)部分入れ歯とは歯を失った部分に装着する取り外し式の入れ歯(義歯)です。高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックでは、なるべく入れ歯(義歯)が小さく、違和感が少ないものにするためにブリッジ治療やインプラント治療についてもご提案させて頂きます。
    (※ブリッジとは、欠損歯と両側の歯を支えに、接着剤で固定する治療方法です。)

    部分入れ歯は、取り外し式であり、残っている歯にバネをかけて固定します。そのため、残っている歯の治療を行うことや入れ歯だけでなく、残存する歯のメインテナンスをこまめにする必要があります。

    新しい入れ歯に慣れるまで、少し時間がかかるかもしれません。
  • 総入れ歯(総義歯)
    総入れ歯(総義歯)すべての歯を失った場合に使用する取り外し式の入れ歯です。

    特に総入れ歯は、違和感がある、外れやすいなどのイメージをお持ちの方も多いようです。
    しかし、現在の総入れ歯は大変精巧なものになっており、違和感や外されやすさは以前より改善されています。

    口内を清潔に保つためには、部分入れ歯同様、メインテナンスが欠かせません。
高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックでは、総入れ歯(総義歯)・部分入れ歯(部分義歯)どちらの入れ歯(義歯)の治療にも対応しておりますので、入れ歯(義歯)でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

また、入れ歯(義歯)には、保険で行える入れ歯(義歯)と自費治療にて行える入れ歯(義歯)があります。
下記に詳細を掲載しておりますので、併せてご確認下さい。


入れ歯・義歯は高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックへ/入れ歯治療・金属の留め具がない入れ歯対応の高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック


れ歯・義歯の材質の違いについて
レジン床義歯(保険適用)
レジン床義歯(保険適用)
歯肉に触れる部分をプラスチック素材で作った入れ歯です。
金属素材よりも多少厚みがあるので、装着時に少し違和感を覚えることがあるかもしれません。

プラスチック素材なので、落としたり噛む力によって大きく割れてしまうことがありますが、修理は比較的簡単にできます。

金属床義歯(自費診療)
金属床義歯(自費診療)
歯肉に触れる部分を金属素材で作った入れ歯です。
使用する金属素材は主に、軽くて丈夫なコバルトとクロムの合金を使い、プラスチック素材よりも薄く作ることができます。

そのため、装着時の違和感は緩和されます。薄い割に強度が高く、落としても割れることがありません。

高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックでは、保険で行える入れ歯(義歯)と自費治療にて行える入れ歯(義歯)治療どちらにも対応しております。患者様のご要望とご希望をしっかりと聞かせて頂いた上で、治療方法をご提案させて頂きますので、安心してご来院下さい。


入れ歯・義歯は高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックへ/入れ歯治療・金属の留め具がない入れ歯対応の高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック


グネット・デンチャー(磁石式入れ歯)について

磁石式入れ歯は、バネで維持する従来の入れ歯と違って、磁石で吸着させる入れ歯のことです。
バネの代わりに磁石の力で固定する入れ歯なので、ぴったり吸着します。

入れ歯にハイテク磁石(小形磁石)を取り付け、歯根に「磁性金属(キーパ)」という磁石に吸着するパーツを取り付け、2つの吸引力で入れ歯を吸着させます。この2つの吸着力で入れ歯を維持するため、ぴったり口に合ってよく噛める入れ歯になります。
バネを使わないので、歯にやさしく、取扱いもとってもラクです。

マグネット・デンチャー

また、マグネットデンチャーに使われる磁石は、日本の際先天技術を駆使して生まれた、超小型高性能磁石です。
大きさは米粒より小さく、中には800g以上の強力な吸引力を持つものもあります。
コンピュータで精密に設計された時期回路と、最新のマイクロレーザーにより実現した、優れた安全性と耐久性を持つハイテク磁石です。

マグネットデンチャー(磁石式入れ歯)大きな3つの利点
  1. 「歯にやさしい」
    磁石は強い吸着力を持っていますが、歯に悪い横からの無理な力がかかると外れるので歯根にとてもやさしいです。
  2. 「美しい」
    バネがありませんので、口を開けてもバネが見えず、自然で若々しい口元になります。これがマグネットデンチャーの優れたアンチエイジング効果の1つです。また、バネがないので、残っている歯に負担をかけません。
  3. 「使いやすい」
    バネがありませんので、取り付けや取り外しがラクです。また、シンプルな形ですので、お手入れも簡単です。手の不自由な人や高齢者、介護者にも喜ばれる、人にもやさしい入れ歯です。
高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックでは、磁石式入れ歯(マグネットデンチャー)を導入しておりますので、現在のお使いの入れ歯でお悩み・お困りの方、そして磁石式入れ歯(マグネットデンチャー)についてご興味がおありの方は、是非、ご来院下さい。

入れ歯・義歯は高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックへ/入れ歯治療・金属の留め具がない入れ歯対応の高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック


属の止め具のない入れ歯=ノンクラスプデンチャー
    只今、準備中です。公開まで今しばらくお待ちください。

高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック/虫歯治療(無痛治療)、歯周病治療、小児歯科、インプラント、審美歯科、ホワイトニングなど対応の高松市の歯科医院(歯医者)

新着情報・診療日
高松市 歯科衛生士・歯科助手求人情報

高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック/虫歯治療(無痛治療)、歯周病治療、小児歯科、インプラント、審美歯科、ホワイトニングなど対応の高松市の歯科医院(歯医者)


Top