予防歯科・小児歯科・マタニティ歯科は高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックへ/予防歯科・小児歯科・マタニティ歯科対応の高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック

  • 高松市 歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック
  • 院長・歯科医師紹介
  • コンセプト・治療の流れ
  • 診療科目案内
  • クリニック紹介
  • アクセス
予防歯科・小児歯科・マタニティ歯科
防歯科について
虫歯治療「歯医者は歯が悪くなってから行くもの」だと思っていませんか。
歯が悪くなってから治療を始めると歯を削らなければならない場合がほとんどです。
そして、現代の医療では歯の削った部分を取り戻すことはできません。
治療後は詰め物や被せ物をして再発の防止をするだけが現状です。
また、削ってしまった歯はメンテナンスをしなければ虫歯などを再発しやすくなり、治療のたびに弱くなってしまいます。最悪の場合、治療をしていても歯を失う可能性があります。

自覚症状(痛みなど)がほとんどない歯周病も注意が必要です。自覚症状が無いので、知らない間に進行している場合が多いです。統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっているといわれ、歯を失う一番の原因です。

高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックでは、患者様一人一人の虫歯や歯周病のなりやすさを検査して、リスクにあわせた予防歯科を行います。歯が悪くなってからではなく、悪くならないための予防歯科に力を入れています。
虫歯はもちろんのこと、歯周病の対策も行い、患者様の歯を一本でも多く歯を残すサポートをいたします。

予防歯科・小児歯科・マタニティ歯科は高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックへ/予防歯科・小児歯科・マタニティ歯科対応の高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック



8020運動について
高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックでは、8020運動を実施しております。
8020運動とは、80歳になった時に自分自身の天然歯が20本残ることを目指す運動です。
歯科治療先進国のスウェーデンの人々は、歯医者は治療のためでなく、歯の汚れの除去や歯や歯ぐきの健康チェック、そして予防のため(メインテナンス)に歯医者に行くのが普通と考えています。

予防歯科を受けて歯を大切にするという習慣が普通であり、これはアメリカやヨーロッパ各国もほぼ同様です。
それに対して日本人のメインテナンス率は約2%です。予防歯科の重要性実際、日本に次ぐ世界第二の長寿国スウェーデンの80歳の老人の歯の残存数は、日本人の2倍以上(21本)で自分の歯で生活できる方が多くおられます。しっかり定期的に予防歯科(メンテナンス)を受けることによって、天然歯で一生過ごせることが可能になります。 

予防歯科・小児歯科・マタニティ歯科は高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックへ/予防歯科・小児歯科・マタニティ歯科対応の高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック



PMTCについて
PMTCとは、プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で
歯科医師や歯科衛生士といった専門家による機械を用いた歯の徹底的な清掃のことです。
PMTC
pmtc30年ほど前にスウェーデンで始まり、今では世界の先進国で広く行われています。
ただ単に歯ブラシの代わりに機械を使って掃除するというものではなく、歯ブラシ等では絶対に落とせないバイオフィルム(台所のヌルヌル汚れのようにこびりついてしまった歯の汚れ)を柔らかいゴムのチップなどを用いて剥がし取り、悪玉菌が多い状態を善玉菌が多い状態にしてしまおうというものです。

歯科医院で徹底的なクリーニングを受けてお口の中を善玉菌が多い状態にして、さらにお家でのお手入れを丁寧にしていただくと、次の定期クリーニングの日まで歯のバランス状態を良好に保つことができます。

PMTCは、選び抜かれた様々な機械・器具・材料の中から、患者さまのお口の状態に合わせて組み合わせを決定します。それらを用いて予防歯科のプロフェッショナルである歯科衛生士が患者さまの歯を隅々までクリーニングします。日常のお手入れではできないレベルのクリーニングです。PMTC使用する器具の中には細い隙間に入れるために先がとがっているものもありますがクリーニング中に痛みを感じることはありません。
気持ちよく眠ってしまう方もいらっしゃるぐらいです。クリーニング終了後は歯の表面がつるつるになってお口がさっぱりします。
PMTCでしか清掃できないところ【PMTCでしか清掃できないところ】

1.歯と歯の間…鏡を見ながら磨いていても落ちない汚れ。そんな所もしっかりケア。

2.歯と歯肉の境目…自分ではなかなか磨くことのできない歯と歯肉の境目をやさしくケア。

このように、歯の健康は、PMTCとホームケアを両立することで、維持することができます。
高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックでは、患者様の歯を健康に保つために、患者様に最も適した予防プログラムを作り、PMTCを行っています。

予防歯科・小児歯科・マタニティ歯科は高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックへ/予防歯科・小児歯科・マタニティ歯科対応の高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック



児歯科について
小児歯科歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックでは、小さなお子様の歯科治療・予防にも対応しております。
小さなお子様もご遠慮なくご一緒にご来院下さい。

小児歯科では、健康な大人の歯が生えそろうことが目標です。
お子様は歯科治療中に泣いてしまうこともしばしばあります。
しかし、自分自身のために治療を受けないといけないことが徐々に理解できるようになると泣かずに治療を受けられるようになります。泣いて嫌がるからといって連れてこれない子には嫌な思い出しか残りません。お子様が泣かなくなるまで根気よくご来院下さい。

もちろん、痛くない、怖くない治療、泣いても笑顔で帰って頂けるよう努めます。
小児歯科は、是非、歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックへご来院下さい。

フッ素で予防
フッ素で予防フッ化物の塗布は、専門家である歯科医師や歯科衛生士が行います。

フッ化物を歯に作用させると、歯の表面から取り込まれ、歯の結晶の一部になります。フッ化物を含んだ歯の結晶は、普通の歯の結晶よりも丈夫になり、細菌の出す酸に対してより強くなります。

つまり、フッ化物を適切に使うと歯の表面が強くなり、虫歯になるのを防ぎます。

歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックでは、フッ素塗布にも対応しておりますので、お受けになられたい方は、お気軽にご来院下さい。

予防歯科・小児歯科・マタニティ歯科は高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックへ/予防歯科・小児歯科・マタニティ歯科対応の高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック



タニティ歯科について(妊婦の方の歯科治療)
マタニティ歯科高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックでは、マタニティ歯科(妊婦の方)への歯科治療にも対応しております。妊娠中や、産前産後に配慮すべき点について、歯科の観点から詳しくご説明させていただきます。

妊娠中はホルモンバランスや食習慣の変化によって、お口の環境が悪化しやすいものです。

H24年3月以降に発行された母子手帳には、妊娠中の歯周病は早産の原因になる可能性があることが明記されており、妊娠中の歯科検診を推奨しています。 

また、妊娠中は、お口の中に、次のような症状が現れやすいです。

  • 歯肉炎
    妊娠中は、エストロゲン(女性ホルモン)の増加や内分泌の変調により、歯肉が赤くなり、腫れやすくなります。時には、歯肉から出血することもあります。
  • う蝕歯(虫歯)
    妊娠すると、口の中の唾液が酸性になり粘っこくなります。また、つわりなどで食事の回数が増えて、口の中が汚れやすくなります。その為、虫歯になる危険性が増加します。
これまで歯の痛みやお口のトラブルがあっても「妊娠中だから・・」と受診を控えていた方、お気軽に一度ご相談下さい。
妊娠中や、産前産後に配慮すべき点について、歯科の観点から詳しくご説明させていただきます。
レントゲンやお薬については細心の注意を払い、必要であれば産婦人科へお問合せします。

マイナス1歳からの虫歯予防
マイナス1歳からの虫歯予防当院のマタニティ歯科では、妊婦や授乳中の方、お腹の中のお子様も対象になります。
お子様は「マイナス1歳」から、つまり妊婦中から虫歯予防することができます。

もともと、赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいませんが、周囲の大人の口から虫歯菌が感染します。大人の虫歯治療やお子様への口移しをしないことも虫歯予防の1つです。
赤ちゃんの虫歯予防について丁寧に説明させて頂きます。


高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック/虫歯治療(無痛治療)、歯周病治療、小児歯科、インプラント、審美歯科、ホワイトニングなど対応の高松市の歯科医院(歯医者)

新着情報・診療日
高松市 歯科衛生士・歯科助手求人情報

高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック/虫歯治療(無痛治療)、歯周病治療、小児歯科、インプラント、審美歯科、ホワイトニングなど対応の高松市の歯科医院(歯医者)


Top