虫歯治療・無痛治療は高松市の歯科・歯医者 植松歯科クリニックへ

  • 高松市 歯科 歯医者 植松歯科クリニック
  • 院長・歯科医師紹介
  • コンセプト・治療の流れ
  • 診療科目案内
  • クリニック紹介
  • アクセス
虫歯治療・無痛治療
歯治療について
虫歯治療歯科医院・歯医者に来院されるきっかけは、大半の方が「痛くなったから」だと思います。
そしてのその原因の大半が「虫歯」です。

残念ながら一度虫歯になってしまうと自然治癒はしません。
また、放置しておくとどんどん悪化し、歯を多く削ることになり、その虫歯が大きくなると抜髄(歯の神経を抜く)や抜歯しなければならないケースになることもあります。
そのような状況に陥らないように、早期治療をお勧め致します。

ちなみに、神経を取った歯は、健康の歯に比べ弱くなります。
その為、極力歯の神経は抜かずに治療を終える事が理想です。

治療が早ければ早い程、抜髄や抜歯の可能性は減り、削る量も少なくて済みますので、
少しでも、歯に違和感があれば、お気軽にご来院下さい。

虫歯になる原因

虫歯になる3つの原因 虫歯は、口腔内で細菌が作り出した酸などによって再石灰化が追いつかず、歯が溶けていき、穴があいてしまう疾患で、感染症の一つとされています。

虫歯になる原因には、3つの大きな要因があります。
・虫歯菌の数:虫歯の原因菌であるミュータンス菌や、ラクトバチラス菌の数
・歯を守る力:お口の中を歯が溶けいにくい中性にする、唾液の中和力
・食事の習慣:虫歯菌の栄養となる糖分の量や、食事を取るタイミング

虫歯になりやすい方と、そうでない方がいるのは、この組み合わせが個人個人異なるからです。
高松市の植松歯科クリニックでは、これらの要因をより知る為に、「虫歯菌の数」と「歯を守る力」を調べる唾液検査を実施しており、治療だけでなく、治療後にもどのような予防対策をするべきかなどの予防プランも提供させて頂いております。

唾液検査の詳細へ

虫歯治療・無痛治療は高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックへお任せ下さい。


虫歯の進行
C0:脱灰

C0:脱灰

痛みがなく、自覚症状はありません。
この段階なら、適切なブラッシングとフッ素塗布により、再石灰化して治ります。


↓

C1:歯の表層(エナメル質)の虫歯C1:歯の表層(エナメル質)の虫歯

まだ痛みはありませんが、歯の表面が白くにごり、ザラついてきます。
この段階も歯を削る治療は行いません。
適切なブラッシングと再石灰化を促す処置を行います。

また、定期的な観察で虫歯が大きくなっていないかのチェックが必要です。
↓
C2:歯の中(象牙質)の虫歯

C2:歯の中(象牙質)の虫歯

C2:歯の中(象牙質)の虫歯この段階になると、冷たいものや甘いものを食べたり飲んだりすると、しみたり痛んだりします。
治療は虫歯の部分を削り、詰め物(インレー、レジン)で保護します。

↓
C3:神経まで達した虫歯

C3:神経まで達した虫歯

C3:神経まで達した虫歯この段階までくると、激しい痛みを感じることがあります。
治療は神経を取る必要が出てきます。
神経の治療後、かぶせ物(クラウン)を装着する形が一般的です。

↓
C4:歯の根まで達した虫歯

C4:歯の根まで達した虫歯

ここまで進行すると、炎症を起こして膿がたまり、
最悪の場合抜歯が必要になります。

この状態にならないように早期に歯科医院を受診してください。

ご自身の歯をできるだけ残すためにも早めに治療にお越し下さい。
毎日の歯磨きと歯科医院での定期的なクリーニングを受けて頂く事で、虫歯の再発防止が出来ます。

早期治療に、歯科医院へお越し頂きやすくするために
早期治療に、歯科医院(歯医者さん)へお越し頂きやすくするために残念ながら、まだまだ
  • 「歯医者はなんとなく怖い 」
  • 「虫歯は進行しているのはわかっているけど、痛くないのでそのままにしている」
  • 「痛い治療が嫌だ」
と思われている方が、多いのが現実です。

高松市の植松歯科クリニックでは、不安を解消していただく為に治療についてのご説明をきちんと行います。不安な点や分からないことがあれば、お気軽にスタッフにお尋ねください。また、当院では、患者様が安心して治療をお受け頂けるように無痛治療(痛みの少ない治療)への取り組みに力を入れております。

次に、無痛治療についての詳細を掲載しておりますので、是非、ご覧ください。

虫歯治療・無痛治療は高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックへお任せ下さい。


痛治療について
無痛治療について高松市の植松歯科クリニックでは、患者の皆さまが、歯科治療に抵抗を感じないよう
「痛みの少ない治療=無痛治療」に取り組んでおります。

患者様は必ず歯科医院に不安を持って来院されると思います。
少しでも不安を解消できるように、痛みの部分を少しでも無くせるように、
以下のような取り組みを行っております。

無痛治療をご希望の方は、是非、下記の内容をご確認下さい。


無痛治療への取り組み
  • 電動注射器
    電動注射器麻酔液を一気に注入すると痛みを伴うことがありますが、電動麻酔注射器(オーラスター)を利用すれば、一定の速度で麻酔液を注入することができるので痛みを減らすことが出来ます。


    歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を使用
    歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を使用麻酔針が刺さる時のチクっとする痛みは、誰もが苦手だと思います。

    そこで、当院では「表面麻酔」と呼ばれる塗り薬を使って、 麻酔の注射針が刺さるときの痛みを抑えるようにしています。
  • 33Gの麻酔針
    33Gの麻酔針麻酔注射の痛みを和らげるには、出来るだけ細い針を使うことも重要のため、高松市の植松歯科クリニックでは販売されているものの中で、1番細い針である「33G」の針を使用しています。


    麻酔剤を保温するカートリッジウォーマー
    麻酔剤を保温するカートリッジウォーマー麻酔注射時の痛みの大きな原因の一つが麻酔液の温度です。
    麻酔液を体温近くに温めることで疼痛の緩和になります。

    当院では、痛みが少ないとされる人肌にまで麻酔液を温めるためにこの機器を使い、体内に入れる際の刺激を軽減します。

当院では、極力痛くない治療を提供できるように、上記のような取り組みを実施しております。
痛くない治療=無痛治療をご希望の方は、是非、高松市の植松歯科クリニックへご来院下さい。

高松市 歯科 歯医者 植松歯科クリニック

高松市 歯科衛生士・歯科助手求人情報


Top