インプラントは高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックへ/高松市のインプラント治療・口腔外科・親知らず抜歯等対応の歯科医院(歯医者)

  • 高松市 歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック
  • 院長・歯科医師紹介
  • コンセプト・治療の流れ
  • 診療科目案内
  • クリニック紹介
  • アクセス
インプラント&口腔外科
ンプラントについて
インプラントインプラントは、50年以上にわたり、研究・開発されている技術です。
歯が無くなってしまった部分の骨にチタン製の歯根を植立する手術を行い、冠を被せて歯を作ったり、半固定の義歯を作ったりする方法です。

インプラントには、医学用語で「植立する」という意味があります。失われた歯の場所に、歯根の代わりになる人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法をインプラント治療といいます。インプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも、見た目にも、天然の歯にもっとも近く、最近インプラント治療を受ける方が急速に増えています。

インプラント基本的にはインプラントは、歯が欠損しているどなたにでも適応できます。
永久歯を失うと残念ながら二度と生え変わってきません。そのため今までは「入れ歯」などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。「入れ歯」の場合、硬いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合がありますが、インプラントではそれらの悩みを解消できます。

また、下記のことでお悩みの方に、高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックでは「インプラント治療」をお勧めいたしております。

・ブリッジで健康な歯を削るのは少し…と思われる方。
・入れ歯に抵抗感のある方(いればの針金が気になる方)。
・生まれつき歯が足りない方。
・病気や事故、何かのアクシデントで、歯を無くされた方。

ただし、全身に以下の疾患がある方は、手術を見合わせた方が良いと思われます。
  • 高血圧で、降圧剤等によりコントロールがされていない方。
  • 心筋梗塞、脳梗塞を起こしてから、半年以内の方。
  • 血液疾患のある方。(血友病等)
  • その他、いろいろな理由で、医師が小手術には耐えられないと診断された方。

インプラントの構造
インプラントの構造と流れ

他の治療法との比較
入れ歯・義歯

ブリッジ

インプラント
入れ歯(義歯) ブリッジ インプラント
保険適用の入れ歯であれば、比較的安価で作ることができ、治療が簡単です。

しかし、安定性が悪かったり、汚れが溜まりやすいので、虫歯や口臭の原因になりやすいです。また、金具部分が審美的に良くなく、金具を掛ける歯に負担がかかります。
失ってしまった歯の両側に残っている歯を支えにするので、安定性が良く、金属部が無いので審美的にも良いです。
治療期間も短く、比較的安価で治療可能です。

しかし、残った歯を削らなけばならず、支えている間に負担もかかりますので、健康な歯へのダメージが大きいです。
天然の歯とほとんど変わらない見た目と機能性で、噛んだ時の違和感も少ないです。
さらに、独立しているので、両側の歯に負担をかけることが無いので、健康な歯をより多く残せます。

しかし、保険外診療であるため、費用が高く、治療期間も比較的長くなります。

インプラント治療の流れ
【1】
カウンセリング
インプラント治療に関する費用、治療の流れと期間、注意点等の詳しいご説明を行います。ご相談・ご質問などもお気軽にお申し付け下さい。 カウンセリング
矢印
【2】
検査・診断
安全にインプラント治療を行う為に、CT(3D)診断などの精密検査を行いお口の状態を正確に把握いたしあます。 診査・診断
矢印
【3】
一次手術
インプラント体をあごの骨に埋入します。
手術は局所麻酔を行い、痛みの心配はほとんどありません。
手術時間は約1~2時間です。
一次手術
矢印
【4】
治癒期間
2~6ヶ月インプラント体に力が加わらないようにし、骨との結合を待ちます。
※治癒期間には個人差があります。
治癒期間
矢印
【5】
二次手術
インプラント体と骨が結合したら、人工歯を取り付けるための歯肉の手術を行います。 二次手術
矢印
【6】
歯型を取り
人工の歯を作製
二次手術の1〜2週間後、歯肉が治癒しますので、歯型を取り、噛み合せを調整しながら人工の歯を作製する工程に入ります。 歯型を取り人工の歯を作製
矢印
【7】
完成した歯の装着
作製した歯をお口の中にセットします。
その後、定期的に検診を行い、インプラントと天然歯が永持ちするようメンテナンスを行います。
完成した歯の装着

インプラント、親知らずの抜歯、顎関節症は高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックへ/インプラント、親知らずの抜歯、顎関節症対応の高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック



腔外科について
口腔外科高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックでは、親知らずの抜歯をはじめ、口腔外科治療に対応しております。

口腔外科治療と一言でいいましても、様々な治療があります。

こちらでは、口腔外科治療の中でも特に当院へのご来院が多い「親知らずの抜歯」をはじめ、歯根端切除、顎関節症について掲載しておりますので、是非、ご参考下さい。

もちろん、これら以外の治療につきましても、ご来院時にお気軽にご相談ください。

  • 親知らず抜歯について
    親知らずの抜歯親知らずだからと言って、全てを抜歯する必要はありません。
    しかし、横向きに生えるなど、お口の中の衛生状態を悪くする親知らずは抜歯するべきです。

    また、親知らずがあることによって、歯茎などが痛くなる、親知らずや手前の歯が虫歯になる、口臭がする、歯並びが悪くなる時などは抜歯する方が良いケースです。

    上のイラストは、横向きに生えている親知らずです。
    親知らずが横向きに生えていることによって、手前の歯と親知らずが密接している箇所が黒ずんでいるのを確認頂けると思います。
    この部分が虫歯になっています。

    高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックでは、必要に応じてCTレントゲンで事前に親知らずの方向を確認し、抜歯を行います。
    院長は口腔外科での勤務経験がありますので、お困りの方は、お気軽にご来院の上、ご相談ください。

    歯根端切除について
    根の先にできた病巣が大きく根管治療では治癒が期待できない場合や差し歯に入っている芯が長く太いもの、除去することにより歯の破折を起こす危険があるものは、外科的に病巣を取り除く方法もあります。それが、「歯根端切除」です。

    高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックでは、歯根端切除にも対応しております。患者様のお困りお悩み事をしっかりとヒアリングさせて頂き、適切な治療をご提案させて頂きます。
  • 顎関節症について
    顎関節症顎から音がする、痛い、口が開きにくいなどの症状があれば、顎関節症です。歯周病や虫歯と並んで歯の3大疾患の一つに挙げられるほど大きな問題になっています。

    顎関節症の原因は明らかではありませんが、ストレス、悪い姿勢、食いしばり、歯軋り、噛み合わせなどが原因だと考えられています。
    現在、顎関節症の予防は、
    ・ストレスを避けること
    ・悪い姿勢を直す
    ・食いしばりや歯軋りをしない
    ・噛み合わせを良くする

    などが挙げられています。

    顎関節症は自然に治ることも多いですが、高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックでは、噛み合わせの治療やスプリント(マウスピース)の製作、顎関節のリハビリテーションを実施できますので、お気軽にご来院下さい。

    粘液嚢胞について
    下唇の口角側にぷつっとしたでき物ができることがあります。消褪しても再度腫れてきます。
    治療は切除を基本としますが、大切なのは原因となっている小唾液腺を同時に切除することです。

    切除後の傷跡が目立たないように最大限努めています。

インプラント、親知らずの抜歯、顎関節症は高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニックへ/インプラント、親知らずの抜歯、顎関節症対応の高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック

高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック/虫歯治療(無痛治療)、歯周病治療、小児歯科、インプラント、審美歯科、ホワイトニングなど対応の高松市の歯科医院(歯医者)

新着情報・診療日
高松市 歯科衛生士・歯科助手求人情報

高松市の歯科医院(歯医者)植松歯科クリニック/虫歯治療(無痛治療)、歯周病治療、小児歯科、インプラント、審美歯科、ホワイトニングなど対応の高松市の歯科医院(歯医者)


Top